ボトックス注射を定期的に利用する場合の注射間隔や体への影響

ボトックス注射を継続して使用したい場合に知っておきたいこと。 - ボトックス注射を継続的に利用したいという方へ

ボトックス注射を継続的に利用したいという方へ

シワやエラなどにアプローチが出来て、改善することも充分に期待できるボトックス治療。
表情筋に直接注射をするというものもありますが、顔全体のリフトアップの場合などは浅い部分に注入するなどという事もあります。
こうした治療ですが、効果は永久的なものではありませんから継続利用をしたいという方もいらっしゃるでしょう。
ここで、継続治療を望んでいる方について間隔などを見ていきたいと思います。

注射の間隔はどのくらいがベストなのか

先ず、間隔についてですが早めにですとか絶対に○ヶ月に1回などと決められていることはありません。
施術箇所によっては4ヶ月の持続時間がみられたり、1年ほど持続時間がみられたりと同一ではないのです。
また、施術後の状態や体質などによっても左右されてきます。
基本的な時間というものはカウンセリング時に伝えてくれるかと思いますので、この間隔を覚えておくと良いかもしれません。
また、自分自身が気になるなと思ったタイミングでもよいのです。

継続利用で人体への影響は無いのか

定期的に薬剤を注入するというイメージから、人体への影響はと危惧される方もいらっしゃるでしょう。
しかしながら、継続利用をするにしても体内の薬剤が全て溶解してから行うものとなっています。
kuyfk
ですから、人体に影響が出来たり表情などが乏しくなる・こわばるという危険性も非常に少ないのです。
逆に、良い状態を安定的にしやすい環境を整えてくれることでしょう。

継続プランなども上手に利用しよう

医療機関の中においては、継続プランが用意されていたりというところも多いので、経済的にも負担を軽くしていただける方法はあります。
もちろん、カウンセリングは初回ばかりではなくいつでも受けられるところが大半ですから、計画を立ててみると良いでしょう。
ボトックスは加齢による顔全体のたるみや深い表情ジワにも効果があるという事で人気となっている施術方法です。
多くの方が治療をされていますし、これから治療を受けたいという方もいらっしゃることでしょう。
そこで、実際にボトックス注射を行っていただく前段階に必要な知識や準備という点について見ていきたいと思います。

薬について

筋萎縮性硬化症や、重症筋無力症などがあるという場合や、過去においてボツリヌス治療を受け薬効が強く出すぎた経験をお持ちの場合はかならずカウンセリング時に医師に相談をしましょう。
ボトックス注射を施術して、人体に影響があるか否かを判断する重要なポイントとなるのです。

サプリメント類について

漢方やサプリメントなど補助的に普段から服用しているものがあるという場合においても全て伝えるようにしましょう。
処方薬を常用しているという場合は、おくすり手帳などを持参していただくのも良いでしょう。

妊娠について

女性の方ですと、妊娠しているという可能性がある場合、胎児に影響を及ぼしかねませんのでボトックス注射を行うことは出来ません。
このことから、その可能性があるという場合においては少し様子を見てから受けるようにしましょう。

その他アレルギーについて

アレルギー体質だ・過去にアレルギーがあると診断された経験があるという場合においても申し出るようにしてください。
安心できる環境で施術をするために重要となってきますので、小さなことでも話すようにしましょう。

しっかりコンタクトを

こうした事前認識や準備が必要となってくるものの、手間がかかるものではありませんから比較的に気軽に受けていただけることでしょう。
医師としっかりコンタクトを取り合って納得した上で行うように心がけましょう。